大型特殊免許を取得しよう【普通免許所持者は短期取得も叶う】

標識

短期間で取得

就職が決まり、車での通勤が決まっている場合には、免許合宿に参加して運転免許証を取得するという方法があります。インターネット上には、さまざまなおすすめプランが掲載されているので、2ヶ月くらい前を目安にこまめにチェックすることが重要です。

詳しく見る

教習所

運転免許を取得するなら

免許合宿は通常の自動車学校に比べ、最短2週間で取得が可能なことや、旅行気分が味わえるところ、金額が安く済むことなど非常に多くのメリットがあります。ですので、まとまった休みが取れる方は免許合宿で免許を取得することがおすすめです。

詳しく見る

運転

自動車学校に通う

大型特殊免許を取得するには、自動車学校に通うことが主流です。ただし、合宿で短期集中して取得することもできます。費用はそれぞれ異なり、元々、普通自動車免許を持っている人と持っていない人とでも違ってきます。

詳しく見る

工事現場などで活躍する

初心者マーク

大きな特殊車両を運転

大型特殊免許は工事現場などで使われている特殊な車両や雪が多く降る地域の道路の雪を除雪するときに使われる除雪車、農作業で使われる大きなトラクターなどを運転する時に必要になる免許です。誰が見ても一般的な車両とは違うので、一般的な車を運転するという方がわざわざ大型特殊免許を取得するということはありません。ただこれから、大きな工事現場を請け負う会社や除雪を請け負う会社などに就職する予定の方やそのような会社に就職を希望する場合は、大型特殊免許を取得しておくと採用される時や現場に出てから戦力として大型特殊免許の免許を生かすことができます。大型特殊免許を取得する時には、普通免許を取得する時のような費用はかかりませんが、それでも支払うお金は必要となるので工事現場や除雪などを請け負う会社などで仕事をする予定がない場合は取得する必要はありません。大型特殊免許は取得する時にかかる費用や時間が普通免許を取得しているか取得していないかで違いがあります。普通免許を取得していれば、学科の講習が免除され、技能教習も最短なら6時間で済ませることができます。もし、普通免許も大型特殊免許も取得する予定なら先に普通免許を取得してしまうのがおすすめです。また、大型特殊免許を取得しても、特殊車両を使用して作業などを行う時には作業免許というものが別で必要になります。2つの免許を取得して初めてさまざまな場所での作業が可能になります。

Copyright© 2018 大型特殊免許を取得しよう【普通免許所持者は短期取得も叶う】 All Rights Reserved.